仮想通貨にはそれぞれ色々と特徴があるのです

ビットコインは中央管理をしていないのですがリップルに関してはきちんと中央で管理されているということになりますのでかなり統制が取れている仮想通貨であると言えるでしょう。発行上限も決まっています。1000億XRPとなります。そしてリップル社が646億XRP所有しているということになりますから、かなりしっかりとシステム化されており中央の管理がされているということになりますので覚えておくと良いでしょう。価値の安定化を図るために多くの部分をリップル社が握っているということになるのですがこれをどう考えるのか、どう評価するのか、というのはその人によってだいぶ違ってくることになるでしょう。基本的に決済の手段として用いられるということを目標にしています。資金の移動などに関して、やはり仮想通貨というのは物凄く早くやることができるようになりますから、これは物凄く大きな利点になるといえるでしょう。大事なことですから覚えておきましょう。キレイモ 8回